ホーム  > 加工品  > KANJA TEA 赤紫蘇

KANJA TEA 赤紫蘇

価格850円(税込935円)

数量

紀州赤紫蘇 ×紫娟(しけん)紅茶
赤紫蘇が日本に最初に渡来したのは、京都と高野山であるといわれています。
薬用とし栽培されてきたようで、高野山の周辺で栽培されていたものが、紀州赤紫蘇と称され、香り成分が他の品種より優れています。(注:近畿大学理工学部 堀端准教授が研究)
この赤紫蘇の香りと赤い色を活かすのが雲南省普市景谷県小景谷鎮産の紫娟(しけん)紅茶です。
紫色の茶葉はフルーティーで甘く、赤紫蘇と同じく赤紫色の色素があり、色調も美しく、赤紫蘇の香りを引き立てます。

美味しい淹れ方
(リーフの場合):1回分 茶葉の量3g  湯量 150cc 温度90度  抽出時間1煎目1分、2煎目以後15 秒ずつ長めに蒸らします。
(ティーバッグの場合): 熱湯で1〜2分蒸らしパックを出してください。2煎目はパックを戻してお湯を注ぎ蒸らす時間は30秒ほど長めにすると2〜3煎ほど美味しく淹れられます。

名称 紅茶
原材料 紅茶(中国産)、赤紫蘇(和歌山産)
内容量 15g
保存方法 高温、多湿、直射日光を避け冷暗所で保存してください。
製造者 株式会社かんじゃ山椒園